雑感というかお返事というか(感想フォームからいただいた分)

夏コミ以降たくさんの感想をお送りいただきまして、本当にありがとうございます。

当日イベント会場でもいただいた「pixivで見てます」、「文章が好きです」などのお言葉に励まされています。あまり第三者の意見などで書くものを決めたり狭めたりはしないように、と、心掛けてはいますが、これがおもしろかった、すきだ、と、言われると、ああ、書いてよかったんだなあ…と、ある意味では救われたような気持ちになりました。「君と最後まで~」のことです(笑)。最近になって何通も感想をいただけるようになって、きっと求めてくださっている方の手に渡るようになったのだと思いました。よかった。表紙の手触り、気持ちいいですよねアレ。自分でもたまに撫でまわしています(笑)

基本的には、他ならぬ自分が求めたものを自分のために形にする姿勢でいる(いたいと思っている)ので、この妄想がウェブ公開の小説であれ紙の本であれ、形になったときに達成感は得られている(はず)のですが、作品に触れていただいたり、あまつさえ好意的な感想までいただくと「つまるところやはり、私が一番得をしているなあ」としみじみ感じます。今回は複数の方から「解釈がドンピシャ」である旨のメッセージをいただきました。なんでしょう、これ、とてもうれしい…。好きと言われるのとはまた別の嬉しさがあります。

それから「表紙に惹かれて」「初めてⅡぐだに手を出した」という方からの感想はWで嬉しすぎてK.Oでした。ヒイヒイメソメソしながら表紙を描いた甲斐がありました…背景は購入した素材ですが(で、でもわりとイメージ通りに描けたと思ってるから…)。CP色が薄めだったからお手に取っていただけたのでしょうか? でもイチャイチャしている話も、別に男女の関係ではなく会話のデッドボールをしている話も、書くのも読むのも好きなのでこういう話はまた書きたいです。先生とぐだの組み合わせは師弟・保護監督責任者と未成年・男女・恋仲他どう転んでもおいしいものだと思っていますので、もっとⅡぐだに触れてこの組み合わせの妙を味わっていただけたらそれ以上の喜びはないなあと思います。もちろん、私が書いたものだけでなく!

 

感想を書くのって簡単にできることではないと思います。それでもたくさんの方が私の本を読んで、わざわざ時間を作って感じたことを伝えてくださるのはとてもありがたいことだと思います。中には短くない、むしろ熱のこもった長文を送ってくださるのは本当に光栄ですし、続きが読みたいと言っていただけたり、再版ご希望のお言葉も本当に嬉しいです。(閑話)自分が全然ジャンル違うんですが、私の大好きな同人作家さんが「自分はやっぱり、読みたいと言ってくれる人に本が届くことが一番だと思うから多めに刷る」と仰ってたのにとても共感したので、「君と~」以降は少し多めに刷るようにしました。ただし表紙が二色印刷の本は印刷の仕様上再版が難しいのでできましたら初版でお求めいただければと思います。すいません。(休題)

なんだかあまりまとまらない記事になってしまいましたがとにかくここ最近の私はとても幸せ者です。ありがとうございます。

あっそれから、イベントではお気軽にお声かけください。基本的にぼっち参戦で暇してますので。

コメント投稿

投稿フォーム