t_s_u_j

『わたしのすきなひと』

61373233_p0.jpg

ラブい:★★★☆☆

まじめ:★★★★☆

公式準拠度:★★☆☆☆

前作『無自覚両片思いの~』の続編、霊基再臨でウェイバーくんの姿になった途端、主にぐだ子に関する記憶を吹っ飛ばしてしまった先生の話。カルデアにはいないイスカンダルについてそれぞれ思い悩みつつ、最終的にハッピーエンド。他アイリスフィール(エミヤ(殺)にラブラブ)、アレキサンダー、マシュ、ゴルゴーン三姉妹などが周りでわちゃわちゃしてる感じです。

なお霊基再臨についてとか魔術のあれこれとか、ねつ造や公式に準拠しないものを含みます。fate/zeroを読んだり観たりしているとわかりやすいかも。「アーネンエルベの一日」を聴いているとちょっと楽しいかも。

発行:2017.2.19(初版)、2017.8.13(第二版)

A5|P92|完売、手元に数冊あるのでイベント取り置きのみ対応。再版未定(2017.8追記)
 

 

『先生とぐだ子さんが無自覚両片思いだったカルデアの話』

59195264_p0_master1200.jpg

ラブい:★★★★☆

エロい:★★★☆☆(女性向けエロ)

まじめ:★★★☆☆

Pixivにて掲載していた作品の加筆修正再録と、後日談にあたるR18の書き下ろしです。アレキサンダーが臣下の無自覚な恋のために奔走したりフランス組がやきもきしたりして、最終的に甘ったるい初体験を迎える二人の話。おまけで小冊子(本文6ページ)がついてきます。

発行:2016.10.22(初版)、2017.2.19(第二版)、2017.4(第三版)、2017.8.13(第四版)

A5|P56|書店完売、以降イベントでのみ少部数頒布予定(2017.8追記)
 

Kadenz(欠損注意)

ぐだおとアマデウスとマシュ(ほんのりぐだマシュ)

書いたり消したりの真っ最中。

[...]